2006年08月31日

移転しました

移転しました
http://jug21.jugem.jp/


久々に再開しようと思いましたが
再構成のめんどくささはなんというか、凄い疲れるのでw

ここは今まで通り、放置します
posted by juggling at 19:07| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

唐突になぜか灼眼のシャナについて

ライトノベル出身の有望な作品『灼眼のシャナ』がアニメ化された
今回はそのシャナについて、軽く追ってみよう

主人公はシャナという少女と、悠二という少年の2人の物語
異界から現れた化け物「紅世の徒」と対決する為に、シャナは立ち上がる

ここで肝心の登場人物に焦点を当ててみよう
シャナ ツンデレ
悠二 ごめんね、僕なんでこの子が
   人徳がある人物に書かれているかが分からないんだ
   やってることはっちゃかめっちゃかじゃないかこの子
吉田さん 微妙にヒス持ちの女の子
マージョリー・ドー ある意味バーサーカー
その下僕、悠二の母、荒洲徹



ごめんね、僕、なんだかシャナについて書きたくなくなって来たよ
だって、この変人どもに今週の放送でメイドやら骸骨やらサムライもどきやら
沢山変人の人が加わっちゃったから

って、久々の更新でこれですか……もう何がなんだか
posted by juggling at 22:13| Comment(11) | TrackBack(11) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

恋愛ゲーム出身アニメに絶望した

DCSS→ご都合主義万歳、駄目監督&駄目脚本家で爆砕
シャッフル→話によると、楓が暴走するかと思われたが、何事も無く終了
キャンバス2→見てないが、どうせ駄目だろう
東鳩2→脚本家の連携がうまくいかず、自滅
ラムネ→そもそも見ていない

これ、結局成功してるの、事実上は違うように見えるけど
厳密に言うとこのカテゴリに入るリリカルなのはAsしか成功作が無いじゃないか
で、なぜなのはが成功したのかというと
「ゲーム内の恋愛要素をアニメで排除する」ことに成功したのも一因だと思う
このように、ゲームの内容をそのままアニメへトレースしたり
恋愛要素だけに拘り(誰エンドとか)他の要素が全く無いアニメは
結果的には排他されるのが運命だと思う
 
で、何が言いたいのかというと
このジャンルって結局飽きられてきてるだろうってことで
他の面で何か突出したものが無いと、結果的には駄目になる可能性が高い
 
まあ、俺はもうDCSSとシャッフルで絶望しましたけどね
posted by juggling at 00:57| Comment(3) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

やばいやばい

ここ最近、文章書くネタが無い、どうしよう
posted by juggling at 20:37| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

はてなブックマークにて

皆さんははてなブックマークというのを知っているでしょうか?
ここのブログに来る方の8割がブックマーカーなので
割かし知らない方は少ないと思いますが、株式会社はてなが提供してる
ソーシャルブックマークの一種です
今日は、そのブックマークについて私が体験した事を少々語りたいと思います

まず、何気無く上に書きましたが
このブログに来られる方の大半がブックマーカーだったりします
(残り1割が検索で、1割が常連さんだったりしますが)
その中でもっともアクセスが多かった(というより、一番反響が大きかった)のが
ぷぷろぐ: 残念ながら、私自身は「一部の人」にしかなれない件についての記事だったりします

実はこの記事、本当に何気なく書いた記事なのです
他の記事は割合人に見られるのが前提で書きましたが
この記事は単に、私が「集団への帰属意識」が他の人と比べて物凄く低いことを
長々と書いただけの文章だったのですが、この記事を書いてから次の日のアクセスが
なんと200アクセスと凄い事になっていました

まあ、このとき私が思った感想は当然驚きが最初に来ました
んで、調べてみたら本当に凄い人ばかりにブックマークされていてまた驚きました
嬉しさと恥ずかしさのあまり真っ赤になりそうでしたよあの時は(笑)

それに、ブックマーク上でのブックマークの内容と
それに添えられるコメントは非常にためになります
批判でも当然ためになります
なぜなら自信がどこが間違っているのか客観的に判断できるからです

ただ、そんな便利なはてなブックマークにも不満もあったり
それはWeb2.0関連の記事が読みたくも無いのに大量にブックマークされた結果
良質な他のジャンルの記事が埋もれてしまうことです……
まあ、これははてブを仕事のツールとして使ってる
IT企業の方がいるからだとは思いますが、はてなの性質上仕方が無いのかもしれないですね
posted by juggling at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ちょ、お前らマジで少女Qを10位内にすんぞ

関東の地域でぱにぽにだっしゅ!の少女Qが流れたようです
私は関東に住んでないので、まだ聞いていないのですがどんな感じなのやら
とりあえず楽しみなような不安なような

さて、本題ですが
皆さん少女Qを10位内にしてみませんか?

え?
なに?
そんなことしないでも今の音楽業界の状況じゃ勝手に10位内に入るって?
ははは、こりゃおっちゃん一本取られたなー♪



タイトル未定 [Maxi]
少女Q

曲目リスト
1.少女Q(都ver.)
2.少女Q(6号ver.)
3.少女Q(Instrumental)
posted by juggling at 21:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故、アニメのCDは他に比べ売上が減少しないのか?

ぷぷろぐ: シングルCDは実は売れなくても問題はないの続きに一応なりますが
最近、アニメのシングルCDはその不況やIpodやIpodやIpodに負けないのかというと
(アニメのCDとアニソンCDは厳密にちょっと違いますが、細かいことは省きます)
実は理由は簡単な事で
 
1、アニメのCD購入者はその現物が無いと不服だから
2、実はアニメのCDにはアルバムという概念が無い
の2つ
ポイントは実は後者の方で、前者はかなり有名な説ですから説明は省きますが
後者はアニメのCDというのは単発の曲が多く
その曲がフルバージョンでアルバムに入ることが無い(だいたいショートバージョンに)
ので、実質丸々そのアルバムの中にそのシングルの曲が入ることが滅多に無いのです

うん、実はこれで説明は終わりなんだ
もっと内容あるものだと思ったらそうじゃないんだ、すまないね
posted by juggling at 17:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

打てば響く、打たなければ響かない

打てば響く、打たなければ響かない

まあ、当たり前のことですが
鉄琴木琴打楽器等で良くこの言葉が使われますが
これはブログなどでも当てはまることで
自分が誰かのブログで記事を書いたり、コメントやトラックバックすれば
当然相手はそれを見るわけですから、返事等という意味ではなく
相手の心に響く訳です
当然、打った人間の打ち方が悪ければ悪い反響が帰ってきます

でも、このたとえ話と実際は違う部分があります

それは
楽器等は打った力の分だけ響くのに対し
ブログ等は打った力と、それに対する反響は必ずしも比例しません

つまり
こっちが相手に伝えようとしても伝わらないことがあったり
逆に、別にこれは伝わらないだろうと思ったものでも大反響があったり
何気ないことが大事になった〜 というケースが後者の方に当てはまります


ネットって怖い、と思ってる人の認識に足りない部分の原因の一種が
こういうことなのかな、と思ったり
まあ、半分実体験に基づいてますけどね
posted by juggling at 21:53| Comment(2) | TrackBack(1) | ブログ評論&感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

【Web 2.0】そういえば

過去私がTVでホリエモンが将来はネットの動画配信でテレビをやります
見たいな事を言っていた事に対して
「そんな簡単に動画配信なんかできる訳ねーよボケ」
とかブログとかでぼやいてた訳ですが

Gyaoとかで動画配信を行われていることに大して
ちょっと自分が言っていたことに対してちょっと不安になってきました

でも、ホリエモンが上記の発言とは別に
某番組で言っていた「家の中で仕事も買い物も全部できる」という
引きこもり万歳みたいな世の中には絶対にならないだろうなぁ

まあ今の1.X的な部分から2.0的な流れにいくのには相当厳しいけどね
まあ俺はWeb 2.0についてはちょっとしかというより全然知らないんですけどね

このことについてもっと詳しく解説してそうなブログさん
切込隊長BLOG(ブログ) - 「Web 2.0」とやらについていけない人、集まれ!!
posted by juggling at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の片隅でネガティブに見つめる

(注意;この記事は記事の内容そのもので無く、私の考え方に
 不快感を持つ可能性がありますので、もしその症状が出た方は
 即刻戻るボタンでお戻りになった方がいいです)

祭という現象を見る
ブログで自滅する人々(第4回)〜「祭って」いるのは誰なのか / デジタルARENA
祭という現象は、確かに怖い

だが、ここで勘違いしてはいけないのは現代の魔女裁判的な
異端を排除するという社会の閉塞したシステムとは異なる点を持つことである

祭というのは悪意をもって行っている人間もいるが
本来祭られている人間というのは何だかの「罪」を持っているのであって
そこで「罰せられないといけない」という意識下からくる人間の意識
さらには、罪とか罰とか関係なく、ただの好奇心や
一体感を持って参加する人間もいるだろう
(ただ、この一体感と2ちゃんねるのイデオロギーとはまた別なのをここに記しておこう)

ようは、社会のシステムに反していながらも且社会的に割を食らっていない
もしくは社会的に認められている人間に矛先が向かう傾向が多い
「そんな悪い意味で子ども染みた人間は認められるか」みたいな感じで

では、次に挙げる社会の異端を排除するという社会の閉塞したシステムとは
また違う点について挙げるとすると
ひとつは「学校、あるいは会社でのいじめ」
もうひとつは「マスコミがスケープゴートを用意して行う暴力行為」
後者は昔別のブログや、ここでもある程度何度か説明したから置いておくとして
問題は前者である

いじめ行為、その原因は2つ
「加害者」か「被害者」にある、まあ簡単な2極の構造である
そして、被害者については今回の件とは関係無いので置いておくとして
加害者は何故いじめを行うのか
それは加害者同士、そして見てみぬフリをしている
「俺はいじめられてるあいつより上なんだ」という深層意識などによる
ある種の優越感と、一体感を持つことになる

しかし、ここで祭と違うのは
ひとつは祭は一時的なものだが、いじめは恒久的に続く
もうひとつは祭は被害者に原因している部分が多いが、いじめはそうとも限らない
この2点が違います

これは仮説ですが、もしかしたらだと思いますが
ある種祭は重い軽いは別にして
「俺は社会からはぶられている」という無意識的な意識が
祭の爆発力に作用している……のかもしれません
posted by juggling at 11:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。