2005年12月16日

恋愛ゲーム出身アニメに絶望した

DCSS→ご都合主義万歳、駄目監督&駄目脚本家で爆砕
シャッフル→話によると、楓が暴走するかと思われたが、何事も無く終了
キャンバス2→見てないが、どうせ駄目だろう
東鳩2→脚本家の連携がうまくいかず、自滅
ラムネ→そもそも見ていない

これ、結局成功してるの、事実上は違うように見えるけど
厳密に言うとこのカテゴリに入るリリカルなのはAsしか成功作が無いじゃないか
で、なぜなのはが成功したのかというと
「ゲーム内の恋愛要素をアニメで排除する」ことに成功したのも一因だと思う
このように、ゲームの内容をそのままアニメへトレースしたり
恋愛要素だけに拘り(誰エンドとか)他の要素が全く無いアニメは
結果的には排他されるのが運命だと思う
 
で、何が言いたいのかというと
このジャンルって結局飽きられてきてるだろうってことで
他の面で何か突出したものが無いと、結果的には駄目になる可能性が高い
 
まあ、俺はもうDCSSとシャッフルで絶望しましたけどね
posted by juggling at 00:57| Comment(3) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。