2005年11月14日

ちょ、お前らマジで少女Qを10位内にすんぞ

関東の地域でぱにぽにだっしゅ!の少女Qが流れたようです
私は関東に住んでないので、まだ聞いていないのですがどんな感じなのやら
とりあえず楽しみなような不安なような

さて、本題ですが
皆さん少女Qを10位内にしてみませんか?

え?
なに?
そんなことしないでも今の音楽業界の状況じゃ勝手に10位内に入るって?
ははは、こりゃおっちゃん一本取られたなー♪



タイトル未定 [Maxi]
少女Q

曲目リスト
1.少女Q(都ver.)
2.少女Q(6号ver.)
3.少女Q(Instrumental)
posted by juggling at 21:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故、アニメのCDは他に比べ売上が減少しないのか?

ぷぷろぐ: シングルCDは実は売れなくても問題はないの続きに一応なりますが
最近、アニメのシングルCDはその不況やIpodやIpodやIpodに負けないのかというと
(アニメのCDとアニソンCDは厳密にちょっと違いますが、細かいことは省きます)
実は理由は簡単な事で
 
1、アニメのCD購入者はその現物が無いと不服だから
2、実はアニメのCDにはアルバムという概念が無い
の2つ
ポイントは実は後者の方で、前者はかなり有名な説ですから説明は省きますが
後者はアニメのCDというのは単発の曲が多く
その曲がフルバージョンでアルバムに入ることが無い(だいたいショートバージョンに)
ので、実質丸々そのアルバムの中にそのシングルの曲が入ることが滅多に無いのです

うん、実はこれで説明は終わりなんだ
もっと内容あるものだと思ったらそうじゃないんだ、すまないね
posted by juggling at 17:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

シングルCDは実は売れなくても問題はない

このタイトルを見て
「当然でしょ」という人と「そんな訳ないだろ」という人の
2者に分かれると思いますが、今回は後者の人達に向けて記事を書きたいと思います
よって、前者の方は別にこの記事を読まれても何も面白くないと思います、ごめんなさい

まずはCDの生産数を見てみましょう
社団法人 日本レコード協会|各種統計  CD生産数量
 
さて、このグラフを見て「生産数が下がってるじゃないか!」と思われる方が
おられるかもしれませんが、まずこれには不景気が関係しているというのを念頭に入れてください
不景気ならば生産数が減るのは当たり前なのですが
これで面白いのが次のデータにあります

社団法人 日本レコード協会|各種統計 12cm CDアルバム生産数量
社団法人 日本レコード協会|各種統計 CDシングル生産数量
ここで、邦楽のみ見ていくと……
アルバム
最大生産数 210669 - 近年生産数 145250 = 65419

シングル
最大生産数 166050 - 近年生産数 78912 = 87138
(単位1=1000枚)


と、CDシングルの下降具合の方が多いことに
そして尚且つグラフを見てみると、アルバムは割りと売れてるときとそうでないときと
グラフがゆっくりと推移してる事に対しシングルは下降していく一方です

しかし、これから売れない部分は
これはシングルが売れてないことに対してはさほど問題はないと思われます
何故なら、近年ではIpod等での音楽配信も念頭に入れるべきです
つまり近年売れていない分は「どこかが何だかの部分で補完している」と見るべきなのです
そして、それ以前のデータは中古CD屋等も含めて考えるべきなのです

データ不足なので、データが補完されればたぶん続く

関連してると思われる他ブログさんの記事
あんりみてっど:CDTVひどいwwwwwwwwwwwwww
posted by juggling at 11:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。