2005年11月09日

シングルCDは実は売れなくても問題はない

このタイトルを見て
「当然でしょ」という人と「そんな訳ないだろ」という人の
2者に分かれると思いますが、今回は後者の人達に向けて記事を書きたいと思います
よって、前者の方は別にこの記事を読まれても何も面白くないと思います、ごめんなさい

まずはCDの生産数を見てみましょう
社団法人 日本レコード協会|各種統計  CD生産数量
 
さて、このグラフを見て「生産数が下がってるじゃないか!」と思われる方が
おられるかもしれませんが、まずこれには不景気が関係しているというのを念頭に入れてください
不景気ならば生産数が減るのは当たり前なのですが
これで面白いのが次のデータにあります

社団法人 日本レコード協会|各種統計 12cm CDアルバム生産数量
社団法人 日本レコード協会|各種統計 CDシングル生産数量
ここで、邦楽のみ見ていくと……
アルバム
最大生産数 210669 - 近年生産数 145250 = 65419

シングル
最大生産数 166050 - 近年生産数 78912 = 87138
(単位1=1000枚)


と、CDシングルの下降具合の方が多いことに
そして尚且つグラフを見てみると、アルバムは割りと売れてるときとそうでないときと
グラフがゆっくりと推移してる事に対しシングルは下降していく一方です

しかし、これから売れない部分は
これはシングルが売れてないことに対してはさほど問題はないと思われます
何故なら、近年ではIpod等での音楽配信も念頭に入れるべきです
つまり近年売れていない分は「どこかが何だかの部分で補完している」と見るべきなのです
そして、それ以前のデータは中古CD屋等も含めて考えるべきなのです

データ不足なので、データが補完されればたぶん続く

関連してると思われる他ブログさんの記事
あんりみてっど:CDTVひどいwwwwwwwwwwwwww
posted by juggling at 11:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

現在視聴してるアニメ

ぱにぽにだっしゅ!
現在、私の中では一番おもしろいといえるアニメ
何というか、一言で言うと「カオス」なアニメです

ゾイドジェネシス
子ども番組の割には、本格的に成長と戦争を描こうとしているので
毎週凄く楽しみなアニメのひとつで、最近はちょっと本筋から離れてるので
ちょっと残念なのですがそれでも随所随所に光る部分があったり

ノエイン
バンダイチャンネルで無料視聴できるので、急遽視聴リストに入れてみたり
どういう展開になるのか、どういう世界観なのかイマイチ不明瞭ですが
それをカバーするだけの展開の持っていき方の上手さが光ります

ARIA The ANIMATION
どこが面白い? と問われるとこまるのですが
見ているだけで楽しいので好きです

地獄少女
面白いとは言えないのですが、どうやって地獄に落とすのかまでの
話の内容だけが気になります

DCSSはスタッフがやる気無いと分かっていても、最後まで見る予定です

切ろうかどうか悩んでるのは、IGPXToHeart2
不定期視聴になるのは灼眼のシャナとエウレカとBLACK CAT
どっちか見たらどっちか見れませんて、こっちの地方では(笑

BLOOD+は話の内容が見えてこないのと、あのペースでやられると
こっちが持たないので視聴停止しました

CLUSTER EDGEは単純に話の内容が意味不明なので視聴停止にしました

ラムネは視聴リストに挙げてたのにも関わらず
結局見ないままになってしまいました
posted by juggling at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

何故無断リンク禁止と言うのでなく、リンクをするならトップと言うだけでだけで済まさないのだ?

無断リンク禁止と利用条約等で言っているサイトがあるけど
これは当然、強制できることじゃないので、よって何故に
無断リンク禁止と言うんじゃなく、トップにリンクしてください
とだけで済ませられないサイトが多いんだ? と私は純粋に疑問に思う

そもそも、リンクをするならトップにしてくださいなら
ただ他のHPを持っている訪問者がリンクする際に、無断リンク禁止といわずとも
これでちゃんと守る人のほうが多いだろうに
そして、他の箇所にリンクをする人はそこのHPとは元々交流目的じゃないので
ただ放置すればいいのに、何故放置できないのか純粋に疑問だ

だいたいHPというのは沢山の人に見てもらうのが目的の筈だ
ブログになればその傾向がより増してくる
密的なコミュニケーションをしたければSNSに行けばいい
 
と、ここまで書いて結構今更な問題だなとは思ったけど
この疑問だけは未だに理解できないなぁ、と思ったから書きました
posted by juggling at 23:49| Comment(5) | TrackBack(0) | ブログ評論&感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピードグラファー総評

結論から言うと「かっこ悪いからこそ面白いアニメ」だったと思う

このスピードグラファーというアニメ、現代日本の風潮を皮肉ったような
描写等が出てくるが、はっきりいってその部分を見るべきアニメでは無い
特筆すべきは、スピグラが描こうとしたかっこいい部分ではなく
その装飾的な特徴を取り除いた、等身大のキャラクター達が魅力的だと私は思う
 
誤解してはいけないのは、このアニメは「かっこいい」アニメではない
そのかっこいいフリの裏側にある「かっこ悪い」部分が面白いと私は思う
例えば水天宮、雑賀辰巳、辻堂、真壁、新治
この5人のキャラはスピグラの中で私がもっとも良かったと思うキャラだが
この5人は物語の中で「かっこいい」役割であったか
答は否「かっこ悪い」役割だと私は思う

スピードグラファーはキャラクターアニメだと私は思うが
表向きはその体勢を成していない、大人のおとぎ話という題目からしてそれは察せられる
しかし、それを支えた裏方がそのキャラクターなのである
表向きつまんないアニメだと見れるが、実はその裏方を見れば実に面白い
スピードグラファーはそんなアニメだったと私は思う
posted by juggling at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

コレはこわい

私のブックマークの中に「コレはひどい」をもじった
「コレはこわい」というのがあります
内容は、これを見て率直に怖いと思ったのと、後々の事を考えて(その当事者が)
怖い思いをするんじゃないかという2種類に分けて使っています

まあ、回りくどい解説よりも実際に見てもらえれば分かると思いますが
はてなブックマーク - ああああああ / コレはこわい
2005年11月04日現在では4つありますが
1つ目を入れる際、普通なら「ネタ」タグを使おうと思いましたが
ここで「コレはひどい」でピンと閃き、「コレはこわい」タグが誕生しました(笑

さて、もちろんこの「コレはこわい」のタグの話は実は前置きの話でありまして
本題はこの上2つの天才コメンテーター日記 - 4年B組 入江先生
入江製作所の業務日誌 - これがはじめてのブログです.の2つ
2つとも見てもらえれば分かると思いますが、下のダイアリーのコメント項の所々に
本名と思われる名前が書き込まれています
……コレはこわい、いや怖すぎます
入江先生、これは少々不味いですよ本当に
posted by juggling at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ評論&感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

D.C.S.S.ダ・カーポセカンドシーズン 第18話にて

芳野さくらと誤植されていた、正式には芳乃さくら


そりゃねえだろ!!
いくらなんでもやっていいミスと悪いミスがあるでしょコレ
しかも、地上波放送で最後の放送になるウチの地域での放送時にも直ってなかったし
スタッフのやる気が無いにも程がある

今回は話的にはそんなに悪い話ではなかったのに(後半だけだけど)
こういうミスがあると非常に残念でならないですね
いや……でも久々の再会にしては台詞の内容が薄かったような……
……まああみやだからっていう理由で諦めるしかないか……
正直個人的にはこの話は花田氏に書いてもらいたかったです
posted by juggling at 08:56| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク&無断リンク論争

はてなブックマーク - 日本橋で暮らすということ : 記事への無断リンクお断り申し上げますが発端で
ブックマークの疑問性に発展までした今回
最終的にどういう結論が出たのか調べてみても、結構うやむやになってたり
ちなみにこれに関する私の意見はぷぷろぐ: 残念ながら私は善人ではない
に書いている通りです
「相手が学ぼうとする、あるいは
 議論に応じようとする姿勢を見せない限り、こちらがどう教えても無駄」

と結構辛辣なことを書いてますが、実際は
儀礼的無関心程度のレベルなのかなー、とも思っていたり

まあ、ブックマークの方は分からないけど、ブログをやってる人は
利己的すぎるオレルールでブログをやっていけるとは思わない方が良いってことですね
え、そういう私はどうなのかって?
いやだなぁ、アクセス数平均20のブログで異文化間の衝突が起こると思いますかー?
何事もほどほどが肝心(違っ!?)

参考になったURL
他人の不幸は蜜の味: ブログを始める前に
TRiCK FiSH blog. - ネットでの儀礼的無関心の可能性
posted by juggling at 08:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ評論&感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

匿名掲示板やブログ上におけるサイレントマジョリティ

はてなダイアリー - サイレント・マジョリティとは

この言葉を知ったのは本当に最近で、本当に私は何も知らないんだなと思う
もしかしたらこの世はレッサーパンダが人間を支配してるのかもしれないのに
それに気づかないように!!(ってキバヤシじゃないんだから、これは嘘ですよ!)

さてさて、この言葉はよくベトナム戦争等によく非戦派が少数派なのに
抗議行動を行っていて大多数に見えたのに対し、好戦派が大多数なのに
何も行動を行わなかったことでよく使われますが
これはもしかしたら、匿名掲示板やブログでもこの傾向が顕著に現れてるのでは?
とこのサイレントマジョリティの意味を調べながら思いました

んで、結論から言うと「調べようが無いので分からない」です
いや、そこでブラウザの閉じるボタン押しちゃ嫌ですよ!!
サンプルとして仮面ライダー響鬼とD.C.S.S.ダ・カーポセカンドシーズンの
2つを用意してみました
何故よりによってこの2つがサンプルなのかというと
単純に普段から見慣れてる資料だからという至極単純な理由です
いや、本当は他にもあるんだけど、ほら下手の何とかっていうでしょ?
 
仮面ライダー響鬼の場合、視聴率も資料にあるので後者より比較対象として確実なのですが
とあるスタッフ降板前と後の2つがあって、降板前はブログや掲示板では評判がよかった
(ただし、掲示板ではかなりの批判がありました)のですが
降板後ではブログでの評判がガタ落ちし、掲示板では賛否両論になりました
で、不思議なのが降板後のほうが視聴率が上がってるのです
(降板前7.5%前後に対し、降板後8.5%前後で一時期10%の視聴率を記録しました)
これは一体どういうことなのだろうか?
サイレントマジョリティが実際に関係していそうだが、ブログ上で好意的な意見は
ほとんど見たことが無いので説得力に欠けるかもしれない、が現に視聴率は上がってるのだ

D.C.S.S.ダ・カーポセカンドシーズンの場合、3つの時期に分けられる
1つ目はブログ上でも掲示板上でも好意的意見が大半だった1話〜5話
2つ目はブログ上ではそう意見は変わらなかったが、掲示板は賛否両論になった6話〜15話
3つ目はブログ上で若干批判的な意見が見られるようになり
掲示板では荒れに荒れた16話以降
ただ、前者の響鬼に対してこちらは視聴率という資料が無く、より確実とはいえない
だが、ここで面白いのはブログ上では好意的な意見が多いのに対し
掲示板上では荒れに荒れている、という部分
どっちの意見がサイレントマジョリティなのか、という視点で見てみれば面白いかも
掲示板上の意見がサイレントマジョリティの可能性の方が高いが、実際はどうなのか
確実な事は言えない、いや、実際匿名だし

と、言う訳で結論は世の中には不思議なことだらけじゃー
ということでお茶を濁すことに
あんまりやりすぎると嗅ぎつけられてコメント項が凄い事になっても困るし
世の中って不思議な事だらけですね、だから面白い(逃げ)

微妙に関係ありそうな他ブログさんの記事
モメゴト目立って、ほのぼの隠れて ひとりごと/ウェブリブログ
posted by juggling at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ評論&感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残念ながら私は善人ではない

まあ悪人でも無いとは思うけどね
さて、なんでこんな事突然書いたのかというと

I'll be here(2005-07-10) 視線を分類する方法
私もはてブでブックマークをしますが、無断リンク禁止のところにも
もしかしたら平然とブックマークするかもしれません
ですが、ほとんどの場合は気になった事項、面白い記事
反論を書こうと思った記事に対してブックマークを行います
 
よって、ブックマークすることについて他意は全くありません
ただ、反論を書こうと思った記事に関して反論を書かなかった場合は
そのブックマークに残りっぱなしで気味が悪いことになりますが(汗
 
さて、無断リンク禁止というのはそもそも基本からして間違っているのですが
私はそのことについては指摘はいたしません
その最大の理由はめんどいからだったり
そもそも無断リンク許容派と禁止派はある種の住み分けが出来てるのに
何故に態々ハンドアクスを持って相手の領地に侵略しなきゃいけないんですか?
 
えっけんさんみたいに、それがネットリテラシー向上の目的で自ブログで
「あなた(無断リンク禁止派)は間違っている!」と指摘したり
誰かきちんと説明してあげたの?-日々是自己主張
煩悩是道場 - 本当の優しさ
のお二方みたいに「どう無断リンクがおかしいのかちゃんと説明しようよ」と
相手に話しかける姿勢を見せたりと、善人の方々はちゃんと相手の間違いを
指摘されておられます

が、私は善人ではないのであえて教えません
なぜなら私の考え方は
「相手が学ぼうとする、あるいは
 議論に応じようとする姿勢を見せない限り、こちらがどう教えても無駄」
だからです
確かに無関心主義で、なおかつ悲観主義ですが
実際の経験上、相手が話し合える度量の持ってそうな人でしか
その議論、あるいは教えを受け入れてくれない場合が多いからです
議論=勝負と勘違いされてる人も同様です、その大半は徒労に終わります
 
ただ、罵倒や茶化してコメントを残すのは私も賛成は出来ない
これは間違いを正してるのではなく、ただの愉快犯です

……とここまで書いて、自身が罵倒や茶化してるコメントを残してないかと
思いブクマを覗いてみたら、若干ありました
その4分の3が企業に対してで、4分の1は個人のブログだった
私自身問題あることをしてたのは申し訳ないと思うのでここであやまりたい

んで、この機会に自分のブクマの一番強烈なコメントを探してみた
D.C.P.C.〜ダ・カーポ〜プラスコミュニケーション 感謝ぱっく
ドメイン
circus.nandemo.gr.jp カテゴリ 一般 詳細 1 user
追加日
2005年10月17日
[その他]絵師が七尾じゃない時点で(ry しっかし本当にサーカスは下衆な会社だなぁ

これが一番強烈なコメントだった
だが、これについては私はあやまらない
posted by juggling at 08:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ評論&感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

【日本シリーズ】阪神が負けた理由は?【反省会】

阪神が敗北しました、それはいいとして4タテ食らいました
普通に敗北するのはいいとして、4タテは幾らなんでも酷すぎる
よって、その原因を4つほど挙げてみる事にしました

1、プレーオフのせいで負けた
最初の方の敗北はそうかなー、と思ってたのですが
3タテ、4タテされるうちに、こりゃ阪神とロッテの力の差は違いすぎるわ、と
半ば諦めのような気持ちに
まあ、試合見てれば分かるけどこんな理由じゃないです

2、村上ファンドのせいで負けた
阪神惨敗で星野SD「村上ファンド」批判 (日刊スポーツ) - infoseek スポーツ
んな訳あるか!!
星野SDは何を血迷ってこんなことを言ってるんだろう?
こんなことがあっても選手は試合中は気分を切り替えられるだろうに
それじゃないと本当にプロだとはいえないっすよ
まあ、タイガースを阪神電鉄なんて弱小企業が所有してる方がおかしいと思うけど

3.岡田監督のせいで負けた
はいはーい私はこの意見に一票、というか、私の中での話ですが
今期シーズン盛り上がらなかったのは巨人が弱いのと
私が岡田監督が嫌いだから盛り上がらなかったのかもしれない
優勝したときだって「ふーん」としか思えなかったし
まあ、井川にこんなことを言ってる時点で岡田氏の監督の器なんて
たかが知れてるけど

最後に
千葉ロッテおめでとう!-マーケティング千日回峰行之記
上記ブログさんを見て思ったんだけど、甲子園に見に行った阪神ファンの気持ちは
分からなくも無いけど、ロッテに敬意を示さないのは真のファンじゃないよ
けど、単なるフーリガンっていうのは言いすぎなんじゃない?
場外乱闘で警察沙汰起こしてた連中は別だけど

まとめ
とりあえず、ファンはこの負けを受け入れよう
っていうか現時点での戦力で比較すると、相手が悪かった、また20年後来年〜♪
posted by juggling at 13:47| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。